平成31年 活動記録・活動予定

 >>平成27年以前 平成28年 平成29年 平成30年

フォーラム
イベント
7
  田中英道先生と行く遺跡巡り
 (春季編)
20
記念講演
 国学院大学教授 茂木貞純先生
「即位大嘗祭とその意義〜日本の国柄を考える」
・総会
25
林直人元陸将「我が国の防衛と自衛隊」  
       
       
  ・工作船資料館見学
22
・フォーラム  
27
・フォーラム  
       
5
  ・水交鍋祭り
17
・フォーラム  
24-25
土日
  ・富士総合火力演習
7
  ・英霊の言の葉朗読会
28
・フォーラム  
10
27
・フォーラム  
      ・海上自衛隊観艦式
   
       
11
3
  ・入間基地航空祭
  ・自衛隊音楽まつり
16
・フォーラム  
12
21
・フォーラム  
  ・防衛省年末挨拶
  ・習志野空挺団降下始め見学
25
・フォーラム  
      ・水交鍋祭り
22
・フォーラム  
28
・フォーラム ・総会準備打合せ・最終決定

 

平成31年5月25日 フォーラム
 

林 直人先生の講演を聞いてもっと勉強しなければならないと思いました。
なるほどと思いながら聞いていました。沢山の事を講演して頂きましたが、基礎的に知識が足りていませんでしたので理解するのは難しかったので申し訳ありません、再度講演の機会がございましたらお聞きしたいと思います。

 私事ですが、イスラエルのユダヤ人に嫁いだ友達に会いに行って、彼女の子供達が立派に成長するのを見て国を護るとはどういう事なのかと考えさせられていました。ユダヤ教では安息日には就労しないので、自宅に戻ってきます。軍服を着て銃を持って帰ってくる姿に、とても感動して、自分の子供ではないですが誇らしく思った事も事実です。

 自分の国は自分達で護るのが当然ですから、日本を護っている自衛隊に対しても感謝の思いは当然です。自国を護らない国を他国は助けないと言うのは当然だと思います。自衛隊で人が足りていない事、防衛費が少なすぎる事等をお聞きする度に、こんな事を学校では教えてくれないしと思って子供達に話してみると、そんな事を急に言われてもどうしたらいいの・・・と言う反応でした。私がもっと勉強して子供たちに話すしかないと思います。一部の関心ある人達だけが知っていると言う事ではなく、日本人として関心を持って学ぶべきだと思います。

 懇親会では皆さんのお話がお聞きできるのが楽しいです。「防人と歩む会」を参加された皆さんが大切に思っていらっしゃると感じました。月例会に参加すると葛城会長さんにお目にかかれることがとても嬉しいです。サインを頂きたいと思っています。

宮澤圭子

上に戻る


平成31年4月20日 フォーラム
講師 国学院大学教授 茂木貞純先生「即位大嘗祭とその意義〜日本の国柄を考える」

集合写真

 平成31年4月から防人と歩む会に入会し、今回の記念フォーラムははじめて参加させていただきました。
 茂木先生の大変貴重なご講義を拝聴しまして、皇位継承儀式から大嘗祭の儀式の意義と内容を学ぶ事で、天皇とはどのような御存在であるかを知ることがどれだけ大事な事で「皇室の伝統と歴史」がよくわかり大変勉強になりまして、本当にありがとうございました。
 茂木先生のお話しを拝聴し、こうした一連の儀式は私たちに、天皇を中心とするこの日本に生まれ日本人でよかったと思える喜びを感じさせてくれる国家儀式になるのではないかと思いました。
 そして平成から新しい時代「令和」の御代替りで数々の儀式を学ぶことができ、本当に大切なものを見つけられたらと思います。
 新元号が「令和」と発表され、昭和生まれの私も2度目の御代替わりの歴史的瞬間をむかえますが、この瞬間はどこでどう過ごすがこれから考えたいです。
 これからも勉強させていただきますので、皆様のご指導の程をよろしくお願いいたします。

  佐々木敏子

上に戻る


平成31年4月7日 東北大学名誉教授田中英道先生と行く遺跡巡り(春季編)看板集合写真集合写真

 

 四月七日 この日は花曇りの遺跡巡りに最も好適な天候に恵まれて始まりました。
 バスに乗車して間もなく田中英道先生の此から行く遺跡巡りに関する解説が始まりました。 一言一句が尊いお話なので逃さぬ勢いでペンを走らせたが追いつかず すぐ様、録音に切り替えた。此の英断が後々に功を奏して宝を得るほどの素晴らしい驚愕のお話の内容で繰り返し拝聴出来て 最高のお土産と成りました。
 私 一人だけで 拝聴するのは勿体無いので 防人の山口様にもお裾分け致しいずれ皆様にお伝え出来るかと存じます。

 さて芝山の はにわ博物館では 待望の殿塚 姫塚古墳から出土されたユダヤ人の人物埴輪などを拝覧 帽子を被り 髪型は鬢の毛を伸ばした典型的なユダヤ教徒のスタイルをこの目で観られて感動ひとしお。お顔は、険しさが無くて穏やかな表情 力を抜いた表情をして居る。此を観て田中英道先生はユダヤ教徒だと、どの学者も辿り着かなかった。
 見解に、田中英道先生の歴史家としての権威、泰斗であると再認識その偉大さに深く感銘致しました。

 典型的なユダヤ教徒の埴輪が此処から大量に出土され 特に関東からは数多くの「人物埴輪」が出土 関西からは出土してないそうです。 大型の飾り馬の埴輪も拝覧しましたが 気品があって 芸術品の様な美しい姿形に、当時の人の美術的センスに驚愕し深く感動を禁じ得ませんでした。

 大きな古墳も この目で拝見しましたが この上なく尊崇する方の魂をお祀りする為に人々は皆で協力して総力を挙げて 何年も掛けて 古墳の土を選び 土を運び 風雨や地震に耐えうる技巧を凝らして築土し 側近で活躍した武人や神道人や楽人などに護られながら人々の真の永久なる尊崇の想いが 此処に結集した 人々の崇高なる想いが、此古墳に込められた形だと思いました。
知れば知るほど日本の民度の高さと知恵や機知に富む優秀な民度 君民一体の崇高な想いを
此古墳を拝見して感じる事が出来ました。

 又 秋にも遺跡巡りがあるそうです もう今から楽しみで仕方ないです。 日本人は もっと日本の民度の高さを知るべきです。 知らないのは非常に勿体無い事です。 秋に又、皆さんとご一緒できる日を心待ちしています。

 遺跡巡りを終えて この日は万事が神様に御加護を賜る、好日に恵まれました事誠にありがとう御座いました。

  川鍋静枝

防人たちのサイト

  • 陸上自衛隊
  • 海上自衛隊
  • 航空自衛隊
  •  

お問い合せ

事務局

事務局長 山口勇治
TEL 090-4539-3117
Eメール info@sakimori-japan.org