フォーラム

【9月のフォーラム】

日 時: 令和 3年 9月25日(土)15:00~17:00
    防衛省で開催の為原則事前申込みのみとなります。

     →参加申し込み期限:9月16日(木)

場 所: 防衛省会議室(調整中)
     (詳細は、追って参加者にお知らせします)
      申し込まれた方は当日14時30分に防衛省        正門受付前にご集合ください。

講 師: 樋口 隆一 氏(音楽学者・指揮者 明治学院大学名誉教授)

演 題:「陸軍中将 樋口 季一郎の生涯にみる国を護る心」

お申込みフォーラム・懇親会 の別および                       会員・非会員の別を明記の上事務局宛 ご返信ください。

 詳しくはこちら→防人と歩む会フォーラムのご案内

 ※講演会や懇親会の様子を撮影した写真・動画をHPなどで使用させて頂く場合がございます。掲載不可の方は事前に事務局までご連絡ください。

  区分 35歳以下 高校生以下 左記以外

フォーラム

会員 0 0 1500
非会員 1000 0 2000
懇親会   3500 0 3500

 単位:円


申込み:事務局 info@sakimori-japan.org
 ※会員・非会員・講演会・懇親会別を明記してください。


今後のフォーラム情報(予定)

10月23日(土) 15:00~

  講 師:安達 孝昭 氏 (元 海将)

  演 題:「防衛構想を支える研究開発ビジョン」

 

 

 ごあいさつ

防人と歩む会 会長 葛城奈海

 北朝鮮による拉致被害者は、2002年に5名が帰国して以降、誰ひとり帰国を果たしていません。今や話題にすらほとんど上らない尖閣諸島では、中国公船の領海侵犯が常態化し、静かに着実に中国が実効支配の度を増し続けています。
 憲法改正が論議されていますが、肝要なのは、法で無闇に自衛隊の手足を縛らず、必要なときに存分に戦える組織にすることでありましょう。独立国として至極当然のことです。逆に言うと、それが実現しない限り、日本は真の意味で独立した国とは言えないのではないでしょうか。
 国家の尊厳を保つため、本当に機能する自衛隊へ。自衛隊を動かすのは政治、政治を動かすのは国民です。自衛隊と国民との健全な関係を築いていくべく、本会は活動して参ります。

>> 葛城奈海をもっと知る

上に戻る


理事長 渡邉秀樹
 武漢で発生した感染症によって、不安と混乱が全世界を覆っています。我が国にあっても緊急事態が宣言され、「医療崩壊を防げ」、「医療従事者を守れ」と声高に叫ばれていますが、終息には長期間かかると言われています。
この危機で、マスクに象徴される医療器具の不足、感染危険を冒してウィルスに立ち向かう医師看護師等の疲弊等、物的・人的問題点に加え、政府が有効な対策を打ち出すに足る法的根拠、国民感情に欠けるという重要問題が明らかになりました。
これらは国の防衛、安全保障を取り巻く環境と全く同じであり、その根底には非常事態を想定しない国家の成り立ち、憲法問題があります。
自衛隊その他治安機関が、それぞれの役割を存分に果たすことのできる国造りに、国民の一員として防人と共に歩んでいきましょう。


上に戻る




 更新情報 

 

3/8/8new

7月例会のリポートをUPしました

 

2/9/8

8/28-30 葛城奈海と行く「熊野飛鳥むすびの里・伊勢神宮研修」 感想を更新しました

 

2/5/24
会長、新理事長、前理事長、前事務局長のご挨拶ををUPしました

 事務局よりお願い


new4月より正会員の年会費が変更となっております。

令和3年度の年会費未納の方は納入をお願い致します。

 詳しくはこちら

 防人たちのサイト

  • 陸上自衛隊
  • 海上自衛隊
  • 航空自衛隊